2019年3月16日(土)から5月12日(日)
春の特別展 獣は毛もの

覧会概要

ご挨拶

春の特別展「獣は毛もの~ふわふわ、ごわごわ、すべすべ、ちくちく~」では、哺乳類の特徴の一つである体毛について紹介しています。同じようにみえる毛ですが、副題にあるように、柔らかい・かたい・長い・短い・黒い・白い、など様々です。
体毛は鳥類の羽毛や爬虫類の鱗と同様に表皮が変化したものです。体をけがや紫外線から守り、体温をたもつ働きがあります。また、立派なたてがみをもつ種類のように、自分を誇示したり、闘いの際に大けがをしないよう体を保護したりする役割をもっていることもあります。さらには、季節によって毛の色や多さなどが変化する動物もいます。この特別展では、いろいろな毛をもった野生動物を数多く展示しています。それぞれの特徴と役割を考えるきっかけとなることを願っています。

一昨年の春の特別展では「さっちゃん」の愛称で親しまれた木曽馬長寿日本一「幸春号」の剥製標本を公開しました。今回は全身骨格標本もあわせて公開しますので、再度会いにきていただければ幸いです。

本展の開催にあたっては多くの方々にご協力いただきました。最後になりますが、厚くお礼申し上げます。

               

獣は毛もの実行委員会 委員長
北九州市立自然史・歴史博物館(いのちのたび博物館) 館長
上田恭一郎

料金

大人 高・大生 小・中生
特別展
「獣は毛もの」
500円
(400円)
300円
(240円)
200円
(160円)
セット券

特別展鑑賞券

常設展鑑賞券

3/31まで
900円
(760円)
500円
(420円)
300円
(240円)
セット券

特別展鑑賞券

常設展鑑賞券

4/1から
1,000円
(840円)
560円
(460円)
340円
(270円)
常設展
3/31まで
500円
(400円)
300円
(240円)
200円
(160円)
常設展
4/1から
600円
(480円)
360円
(280円)
240円
(190円)
  • ※セット券(特別展鑑賞券+常設展鑑賞券)はセブンチケット(セブンコード:072-398)でもお求めいただけます。
  • ※( )内は30名以上の団体料金
  • ※未就学児は無料
  • ※以下の方は常設展観覧料が減免となります。
    ・65歳以上の方で北九州市、福岡市、熊本市、鹿児島市、下関市にお住まいの方
    (3月31日まで:常設展無料、4月1日から:常設展180円 セット券580円)
    ・療育手帳、身体障害者手帳、精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方及び一部の付き添いの方(常設展無料)
  • ※4月1日より「常設展」・「セット券」の料金が変更になります。

ご利用案内

開館時間 9:00〜17:00(入館は16:30まで)
所在地 〒805-0071 福岡県北九州市八幡東区東田2-4-1
北九州市立いのちのたび博物館(自然史・歴史博物館)
TEL/FAX 093-681-1011/093-661-7503

アクセス

いのちのたび博物館

いのちのたび博物館 地図
JRをご利用の方 鹿児島本線「スペースワールド駅」 ・・・徒歩約5分
車をご利用の方

下関方面からは九州自動車道『門司IC』、
福岡方面からは九州自動車道『八幡IC』を経由し、
九州都市高速『枝光ランプ』または『東田ランプ』より ・・・車で約3分

駐車場
【普  通】30分100円(4時間以上は一日最大800円)
【中・大型】30分250円(4時間以上は一日最大2,000円)

バスをご利用の方 西鉄バス「いのちのたび博物館」バス停 ・・・徒歩約1分